「現代のマンションに欠かせない防犯・セキュリティ設備」

 



近年では、防犯・防災に対しての意識が高まり、プライバシーが重視される世の中になってきています。それに伴い、不動産経営者にとって防犯対策とセキュリティ設備の強化は、注力せざるを得ない問題となっているのです。それを裏付けるかの様に、賃貸物件の入居者に人気の設備を問うと、セキュリティに関する項目がいくつも存在します。


この記事では現代のマンションや賃貸物件に必須な「防犯・セキュリティ設備」を紹介していますので、入居率をあげたいと考えている不動産経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。



■オートロック


オートロックと言えば、セキュリティ設備の基本であり、マンション、賃貸物件で最も重要視されるセキュリティ設備といっても過言ではありません。エントランスがオートロックになっていれば建物に出入りする人を限定できるので、防犯効果の高い設備です。近年ではマンションのみならず、アパートなどの賃貸物件にも積極的に採用されており、多くの経営者の方から支持されています。


最新のオートロックになると非接触式のタイプや、指紋など生体認証が導入されたオートロックも存在します。非接触式のタイプは携帯電話やICチップの埋め込まれたカードをかざすだけで開錠が可能で、鍵の複製が非常に困難であることが特徴です。生体認証のタイプは既存のサムターンの上にかぶせて取り付ける物もあり、センサー部分の破壊行為防止のため強化ガラスが使用されていたりします。


不審者の侵入を未然に防止することで、安心して暮らせる環境を作り出せるオートロックは、どんな層からの入居者からも支持される防犯設備であるので、未導入の経営者の方は導入を検討してみてください。



■防犯カメラ


先のブログでもご紹介しましたが、防犯カメラは、テレビモニター付きインターフォンと並んでもはや説明もいらない程にスタンダードな防犯設備となっています。以前はマンションエントランスなど人の出入りの多い場所のみに設置されることが大半でしたが、近年では建物内の要所に、屋外にも設置されることが当たり前になりつつあります。警備会社と連動し常時監視を行っている場合もあり、セキュリティ面での効果は抜群です。


導入にかかる費用も、以前に比べると非常にリーズナブルになってきているので、新規導入も積極的に検討できるはずです。



■宅配ボックス


核家族化や共働き世帯の増加によって、年々需要が高まっている宅配ボックスも、実は防犯に一役買ってくれる設備の1つです。部外者をマンション内に入れる機会を減らすことができるので、小さな子供と不審者の接触を避けることが可能になります。


マンションで主に使用されている宅配ボックスは、大きく分けて2種類になります。「暗証番号で解除する機械式タイプ」と「カードキーなどICで解除する電子タイプ」です。電子タイプに至っては、遠隔で24時間管理されているものもあり、配達時にメールでお知らせするサービスなどが利用可能です。



■まとめ

現代のマンションに必須の防犯・セキュリティ設備を充実させ、入居者にとって魅力的なものにすれば、多くの入居者を募ることが出来るでしょう。


実はこれらの防犯・セキュリティ設備の設置・増設工事からメンテナンスまで行なうのが、私たちのような会社になります。


和興電業ではコンセントやアンテナ、LAN配線から、このようなセキュリティ関連まで、電気を使うあらゆる設備の工事に幅広くワンストップで対応できるのが強みです。


「セキュリティの強化で入居率を上げたい」「安心できるマンションにしたい」といったオーナー様、管理組合様、経営者様は、どうぞお気軽に和興電業までご相談ください!