照明の色温度を知って、こだわりの空間演出を実現してみませんか?

 


こんにちは。

千葉県白井市を拠点に一般住宅からマンション、店舗、テナントなど、幅広く電気工事を手掛けている和興電業です。


「色温度」という言葉を聞いたことはありませんか?これは、「K(ケルビン)」という単位で表されており、光の色合いを示す数値として活用されています。色温度が低いほど温かみのある赤みがかった光になり、色温度が高いと青みがかった冷たい光になります。


それでは、そのような色温度が違う光について、どのように使い分ければいいのでしょうか。ここでは、色温度の違いによる光の種類や特徴、おすすめの使用場所などについてご紹介します。



■光色を左右する「色温度」


蛍光灯などの人工の光源では、光源から出る光の色(光色)を色温度によって5段階に分けられています。簡単にいうと「電球色」は色温度が低く、「温白色」「白色」「昼白色」「昼光色」という順に青みを帯びた色になっていきます。それでは、具体的にそれぞれの光について見ていきましょう。


(Panasonic|サポートページより)


・電球色

色温度は2,700〜3,000Kで、最も赤みがかった光となっています。比較的暗めの印象ですが、温かみのある落ち着いた雰囲気を演出するのに適しています。光の量が少なく、目が疲れにくいというのもメリットの一つです。ご家庭においては、あまり明るさを必要としない寝室や書斎、廊下、階段、浴室で使用するのがおすすめです。また、バーやホテルラウンジといった、プライベートな空間での使用も最適です。



・温白色

色温度は約3,500Kで、電球色よりも少し白くて明るくなる印象の光です。電球色では明るさが物足りないと感じる際に選んであげるといいでしょう。赤みがかった光なので、リラックス効果や落ち着いた雰囲気の演出作りに期待できます。おすすめの場所は電球色と同じく、寝室や廊下、階段などですが、ホテルのエントランスや飲食店にもおすすめです。



・白色

色温度は4,000〜4,200Kでこの辺りからだいぶ白みが強くなってきますが、白色は最もナチュラルで自然な色合いの光です。ある程度の明るさを必要とする場所に適しているので、日常的によく使うリビングや洗面所、キッチンでの利用がおすすめです。また、比較的目が疲れにくいことから、書斎や仕事場、オフィスなどにも適しているといえます。



・昼白色

色温度は約5,000Kで、太陽の光に最も近い光です。人間にとっても最も馴染みが深い光なので、リビングや洗面所、仕事部屋など、普段生活するあらゆる空間に適しています。色温度で迷ったときには、昼白色を選ぶと良いかもしれません。また、昼白色以上の明るい光は活発な印象を与えるので、ショップやスーパーマーケットなど、活気を高めたい空間での照明としてもおすすめです。



・昼光色

色温度は約6,500Kで、少し青みがかった最も明るい光です。そのため、細かい作業をする空間に適していますが、目が疲れやすいので長時間作業する場所の光には向いていません。また青みがかっているので、ダイニングなど食事をする空間にもあまりおすすめできません。しかし昼光色は目が覚める色合いなので、オフィスの廊下などで眠気覚ましの効果を期待するという利用方法もあります。大規模なショッピングセンターなど、公共的な空間には適している光です。




■まとめ


普段何気に利用する光ですが、場所に適した色温度の光を選ぶことで、作業効率の向上や演出効果にも期待できます。ここでは色温度についてご紹介しましたが、このほかにも定格光束(ルーメン)や演色性(Ra)、配光などによっても雰囲気が大きく変わり、照明計画はとても奥が深いものがあります。


(Panasonic「照明器具選択5つのポイント」|サポートページより)


照明計画で迷われるようなことがあれば、東京電力優秀電気工事店に認定されている和興電業までお気軽にお声がけください。店舗・事務所から一般のご家庭まで、地域密着で50年以上電気工事を手掛けております。住まいから店舗まで、電気のことなら和興電業までぜひご相談ください。


<和興電業へのご相談・お問い合わせ先>

TEL.047-444-6422

http://wako-den.jp/contact