電気工事をDIYで行うのは危険です!専門業者に依頼する方が安全・安心!

こんにちは。

千葉県白井市を拠点に一般住宅からマンション、店舗、テナントなど、幅広く電気工事を手掛けている和興電業株式会社です。


ご自宅でコンセントや引っ掛けシーリングなどの移設・増設をしたい時は、電気工事を行う必要があります。この際、「簡単な工事ならDIYでできるのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、電気工事のDIYは非常に危険であり、原則として専門業者に依頼しなければなりません。ここでは、電気工事をDIYで済ませてはいけない理由や、DIYで作業をしていい範囲について解説します。



■電気工事のDIYは危険です!



一口に電気工事といっても、電球の交換から太陽光発電システムの設置まで、実にいろいろな種類があります。このうち、購入した家電を設置する程度の作業であれば、自力で行なっても構いません。危険はほとんどありませんし、実際にやったことのある方も大勢いらっしゃるでしょう。


しかし、壁の裏などに電気配線を通したり、コンセントの移設・増設をしたりといった作業は、大きな危険を伴います。なぜなら、作業中の感電や施工後の漏電といった、さまざまな事故につながるおそれがあるからです。感電事故は生命の危険がありますし、漏電が原因で発火し火災を引き起こすことも珍しくありません。


こういった事故を防ぐためにも、電気工事はDIYで行うのではなく、電気工事の専門家である「電気工事士」の国家資格を持った人に依頼するのが原則です。そもそも法律の規定により、電気工事は電気工事士の有資格者でなければ行ってはいけません。


もし無資格で電気工事をすれば、たとえ自宅の工事であっても違法工事となり、罰則を受ける可能性があります。安全に工事をする意味でも法律を守る意味でも、電気工事はプロに依頼するべきなのです。



■DIYではどこまでやっていいの?



DIYの電気工事は危険と聞いて「でも自力でやっていい作業もあるんでしょ? どこまでが OKラインなの?」と疑問に感じる方もいらっしゃると思われます。実際のところ、どのような作業であればDIYでも安全かつ合法なのでしょうか。細かい規定はいろいろとあるのですが、身近なわかりやすい例を確認しておきましょう。


まず、電球(600V以下)の交換や電気機器の電池の交換、延長コードや電源タップの取り付けは可能です。既存の引っ掛けシーリングに照明器具を取り付けるのも問題ありません。また、コンセント自体の移設や増設はNGですが、コンセントカバーの交換はOKです。DIYで認められるのはせいぜいこの程度のため、本当にちょっとした作業しかできないことがわかります。


なお、これらの作業でもまったく事故の危険がないわけではありません。どんなに簡単な作業でも、感電の危険は常にあるからです。また、高所作業中に転落したり、落下物にぶつかったりして怪我をすることもあるでしょう。DIY中の事故を防ぐためにも、絶縁手袋やヘルメット、安全帯などを適切に使い、安全対策をするのがおすすめです。



■電気工事は電気工事士のいる業者に依頼しましょう



インターネット上には、電気工事のDIYの方法を紹介しているサイトもあります。しかし、無資格者が電気工事を行うのは、非常に危険かつ違法です。たとえ「自分でもできそう」と感じたとしても、DIYでの電気工事は一部を除いて推奨されません。


また、仮に事故が起きなかったとしても、うまく電気が流れなければやり直しになってしまいます。「電気を使えるようにする」というそもそもの目的を叶えるためにも、電気工事はプロに依頼した方がいいのです。まずは、電気工事士の所属する専門業者に相談してみましょう。


和興電業は「街の電気屋さん」として、千葉県白井市を拠点に地域密着で50年以上電気工事に携わってきました。豊富な経験に基づく高い技術力を活かし、現場の状況やお客様のライフスタイルを考慮した、最適なプランをご提案させていただきます。東京電力優秀電気工事店認定も受けておりますので、電気工事のことなら安心して当社にお任せください。


<施工事例>

https://www.wako-den.jp/showcase