店舗のリニューアル時の電気工事で注意すべきポイントとは?


店舗のリニューアル時の電気工事で注意すべきポイントとは?


こんにちは。

千葉県白井市を拠点に一般住宅からマンション、店舗、テナントなど、幅広く電気工事を手掛けている和興電業株式会社です。


テナントの入れ替えなどで店舗をリニューアルする時は、電気設備にも手を加える必要があります。ショーケースや照明、エアコン、調理機器に冷蔵庫など、必要な設備の種類や数は業種によって異なるからです。そこで今回は、店舗のリニューアル時の電気工事で注意すべきポイントをご紹介します。



■店舗やオフィスにおける電気工事の種類


店舗のリニューアルの際、電気工事が必要となる箇所は、大きく分けて5つあります。それぞれの工事のポイントを見ていきましょう。


・照明器具の取り付け



照明の数が不足していたり必要な位置になかったりする場合は、照明の移設・増設工事を行います。すでに十分な照明があっても、省エネや防虫を目的としてLEDに切り替えるケースも増えてきました。お店の種類によっては、商品ディスプレイ用に高照度の照明が必要になる場合もあるでしょう。既存の照明で十分なのであれば、特段工事の必要はありません。


・商用設備用電源の設置



家庭用の電気機器よりも多くの電力を消費する業務用機械を使うためには、商用の200V電源が必要です(家庭用は100V電源)。店舗ではさまざまな業務用機械を使用しますから、商用電源の設置が求められることも多いでしょう。商用電源を新たに設置する時は、配電盤やブレーカーを取り替えて配線を引き直すため、やや大掛かりな工事になります。


なお、パソコンやコピー機といったオフィス機器は家庭用コンセントに対応していますが、飲食店で使う大型の冷蔵・冷凍庫や、美容院で使うデジタルパーマ機器といった機材は、商用電源を必要とします。一般的なオフィスとして使っていた場所にお店が入る場合、コンセントの設置工事を行うことが多いのはこのためです。


・コンセントの増設



電気機器をたくさん使うお店の場合、既存の電源だけでは数が足りないことがあります。そんな時に行うのが、コンセントの増設工事です。電源の規格(家庭用100Vまたは商用200V)が同じであれば、比較的小規模な工事で済ませることができます。


・ネットワーク回線の敷設



新たに電話を設置したり、インターネット環境を整えたりしたい場合は、ネットワーク回線の設置作業が必要です。この回線工事は、厳密にいうと電気工事の範疇ではありませんが、業種を問わず多くのお店で行われます。


・空調設備の設置



家庭用エアコンから業務用に取り換える時や、飲食店などが入居するため換気装置を付けたい時は、空調設備工事を行います。使用したいエアコンと電圧が合わない場合は、電源やブレーカーの新設が必要です。


・その他電気を使用する機器の設置



インターホンや防犯カメラ、テレビのアンテナなどを設置する場合も、電気工事が必要です。業者に電気工事を依頼する際は、照明やコンセントの設置と併せて、細かな設備の設置についても相談しておきましょう。



■電気使用量を抑えるには?


ここまで見てきたように、店舗やオフィスではたくさんの電気機器を使用します。そうなると気になるのが、毎月の電気料金です。経費を節約するためにも、なるべく電気使用量を抑えたいところですが、そのためにはどのような工夫が考えられるでしょうか。


まず検討していただきたいのは、先にも少し触れたLED照明の導入です。前回の記事(https://www.wako-den.jp/blog/category3/112077)でもご紹介しましたが、LEDは電気代などのコストを大幅に抑えられるだけでなく、管理の負担も減らしてくれます。紫外線をほぼ出さないので虫が寄ってきにくい点も、お店にとっては大きなメリットです。


その他、よりお得な電気料金プランや電力会社に切り替える、電子ブレーカーを導入して基本料金を下げる、エアコンを定期的に清掃して空調効率を保つといった対処法があります。電気代はどのようなお店でも必ず意識しなければならない問題ですから、できる限りの工夫をして電気使用量を抑えましょう!



和興電業は「街の電気屋さん」として、千葉県白井市を拠点に地域密着で50年以上電気工事に携わってきました。品質の高い電気工事をお約束するのはもちろん、省エネのためのアドバイスや、電気料金プラン変更の手続代行なども可能です。東京電力優秀電気工事店認定も受けておりますので、電気工事のことなら安心して当社にお任せください。


<お問い合わせ先>

TEL.047-444-6422

https://wako-den.jp/contact