ブレーカーが頻繁に落ちるのは危険かも!原因と対処法を紹介

 


こんにちは。

千葉県白井市を拠点に一般住宅からマンション、店舗、テナントなど、幅広く電気工事を手掛けている和興電業株式会社です。


どのご家庭にもあるブレーカーは、電気の使いすぎや事故を防いでくれる重要な設備です。本来は、落雷や電化製品の使い過ぎに反応して落ちるものですが、なぜか頻繁に落ちてしまうこともあります。こうなると、生活に大きな支障をきたすでしょう。


もし、原因に心当たりがないのに何度もブレーカーが落ちるようなら、大変危険であると同時に電気代の無駄になっているかもしれません。そこで今回は、ブレーカートラブルの原因や対処法に加えて、あまり知られていない分電盤の役割についてご紹介いたします。


■主なブレーカートラブルについて



ブレーカートラブルの原因を知るためには、まずブレーカーの構造を知っておく必要があります。ブレーカーが落ちた時などには、ご家庭にある白い箱のようなものを開けて操作するでしょう。これは「分電盤」といい、ご家庭の電気を安全に使用するために必要な機器です。また、それぞれの部屋へ電気を分けて送る役割も果たしています。


分電盤のフタを開けると、一般のご家庭では左から電流制限器(アンペアブレーカー)、漏電遮断機(漏電ブレーカー)、配線用遮断機(安全ブレーカー)が並んでおり、ご家庭で使う電気を24時間チェックしてくれています。3つのブレーカーは役割が異なるので、どのブレーカーが落ちたのかによってトラブルの原因を推測可能です。順番に原因を見ていきましょう。


・アンペアブレーカー(サービスブレーカー)が落ちる


アンペアブレーカーは電力会社から供給されているもので、電化製品を一度に使い過ぎ、消費電力が契約アンペアを超えてしまった場合に落ちます。同時に使う電化製品を減らすことで解決できますが、頻繁に落ちるようなら契約アンペアが使用電気量に合っていないのかもしれません。契約アンペアを変更したい場合は、契約している電力会社に連絡しましょう。


・漏電ブレーカーが落ちる


漏電ブレーカーは漏電が発生した際、被害の拡大を防ぐために電力供給を遮断してくれる設備です。つまり、漏電ブレーカーが落ちたということは、配線や家電が漏電している可能性があります。直さずに電気を使い続けると、感電したり火災が発生したりするおそれがあり、非常に危険です。また、電気が回路から漏れてしまっているので、電気代の無駄にもなっています。


改善するためには、漏電の発生箇所を見つけ出して修理する必要があります。しかし、修理するためには専門の資格が必要で、迂闊に触ると感電するおそれもあるため、一般の方が自力で直そうとするのはおすすめできません。すぐに電気工事店や契約している電力会社に問い合わせ、修理を依頼するのが賢明です。


・安全ブレーカーが落ちる


安全ブレーカーは、同じ回路内で消費電力が大きい電化製品(電子レンジや電気ポットなど)を同時に使用し、回路の容量を超えた時に落ちます。これは、電化製品を違う回路のコンセントに振り分けて使用することで解決可能です。1つの回路の容量は20Aが基本なので、必要ならば回路の新設も検討してみましょう。


■ブレーカーを落とさないための対策



ブレーカーが頻繁に落ちていたとしても、原因を調べて適切な対策を取れば改善可能です。まず、漏電ブレーカーが落ちているのであれば、すぐに電気工事店に連絡して修理点検を依頼しましょう。老朽化した家電の使用やたこ足配線など、漏電の原因となりうる行為を避けることも大切です。


また、アンペアブレーカーもしくは安全ブレーカーが落ちるのであれば、電気の使いすぎが原因と考えられます。各家電がどのくらいの電力を使用するのかチェックし、ドライヤーや電子レンジといった消費電力量の大きい家電は、なるべく同時に使用しない・別の回路を使用するといった対策を取りましょう。それでも改善しなければ、契約アンペア数の変更や回路の増設が有効です。


もちろん、ご紹介した原因は代表的なものにすぎないため、見えない部分で予想もつかない異常が発生している場合もあります。何かおかしいと感じたら、絶対に自分で分電盤を触ったりはせず、お近くの電気工事店か契約している電力会社に問い合わせてみましょう。


なお、気にしたことのある方は少ないかもしれませんが、分電盤には寿命があります。「分電盤の表面が変色または焦げている」「変な音がする」「電化製品を使うとすぐにブレーカーが落ちる」などといったトラブルは、分電盤交換のサインです。一般的に、分電盤の交換の目安は13年とされています。分電盤を設置してから13年以上経過しているなら、早めに交換するのがおすすめです。


■まとめ



電気を安全に使えるようにするためには、設備のメンテナンスが大切です。状況によっては設備の交換が必要かもしれませんし、契約アンペア数や電力プランを見直した方がいいかもしれません。「最近、自宅のブレーカーがよく落ちる」「分電盤を設置してから結構年数が経っている」といったご家庭の方は、専門業者に分電盤の点検を依頼してみましょう。


和興電業株式会社は「街の電気屋さん」として、千葉県白井市を拠点に地域密着で50年以上電気工事に携わっております。また、東京電力優秀電気工事店認定を受けておりますので、電気工事のことなら何でも安心してお任せいただけます。


もちろん、ブレーカーのトラブル対応や分電盤の点検・修理・交換、契約アンペアの変更なども可能です。電気関係のちょっとしたお悩みやお困りごとがあれば、弊社までお気軽にご相談ください。


<和興電業株式会社へのご相談・お問い合わせ先>

TEL.047-444-6422

https://wako-den.jp/contact