ブレーカーがよく落ちる……放っておくと電気代で損するばかりか、危険なケースも!

 


こんにちは。

千葉県白井市を拠点に一般住宅からマンション、店舗、テナントなど、幅広く電気工事を手掛けている和興電業株式会社です。


「最近ブレーカーがよく落ちて困っている」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。落雷や電化製品の使い過ぎに関係なくブレーカーが落ちるようなら、それは大変危険であると同時に電気代がもったいない状況になっていることも考えられます。いま一度ブレーカートラブルを見直すことは、「安全性の確保」と「節電」につながります。今回はブレーカートラブルの原因や対処法に加えて、あまり知られていない分電盤の役割についてご紹介いたします。


■主なブレーカートラブルについて

ブレーカーが落ちたときなどに開けて操作するあの白い箱。皆さんはその名前や役割などをご存じでしょうか。この白い箱のようなものは「分電盤」といい、ご家庭の電気を安全に使用するために必要な機器です。分電盤の中を開けると、一般のご家庭では左から電流制限器(アンペアブレーカー)、漏電遮断機(漏電ブレーカー)、配線用遮断機(安全ブレーカー)が組み込まれており、ご家庭で使う電気を24時間チェックしてくれています。


また分電盤はそれぞれの部屋へ電気を分けて送る役割があります。使い過ぎや漏電で事故が起こらないように事前に電気を遮断し、ご自宅で使う電気を安全に供給しています。しかし中には頻繁にブレーカーが落ちてしまい、「なぜだろう?」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。ブレーカーがよく落ちるのであればその原因の発見が急務ですが、まずはどのブレーカーが落ちているのか確認してみましょう。



・アンペアブレーカー(サービスブレーカー)が落ちる

家電製品を一度に使い過ぎることによって、契約アンペアを超えてしまいアンペアブレーカーが落ちます。同時に使う家電製品を減らすことで解決できますが、頻繁に落ちるようなら契約アンペアが使用電気量に合っていないことが考えられます。契約アンペアの変更はお使いの電力会社に申し出る必要があります。


・漏電ブレーカーが落ちる

配線や家電製品で漏電が発生している恐れがあります。漏電が発生していると火事の危険があり、無駄に電気代を支払っている可能性もあります。その場合、異常な回路を見つけ出す必要がありますが、一般の方がご自身でむやみに電機回線を直そうとしてしまうと感電や事故につながってしまうかもしれません。すぐに電気工事店や契約している電気会社などに問い合わせることが賢明です。


・安全ブレーカーが落ちる

同じ回路内で使用電力が大きい家電製品(電子レンジや電気ポットなど)を同時に使用したときに、回路の容量を超えることで安全ブレーカーが落ちます。この場合は、電化製品を違う回路のコンセントに振り分けて使用することで解決できます。一つの回路の容量は20Aなので、必要ならば回路を新設することを検討してみましょう。


もちろんこれらは代表的な原因となるもので、目には見えない部分で異常が発生している可能性も考えられます。電気関係で一番恐いのは突発的に発生する事故であり、一般の素人の方が分電盤を開けて電気工事をすることは禁止されています。もし何かブレーカー関連でトラブルがあるという方はお近くの電気工事専門の業者か契約している電気会社に問い合わせてみましょう。


またご存じの方は少ないかもしれませんが、分電盤には寿命があります。「分電盤の表面が変色または焦げている」「変な音がする」「電化製品を使うとすぐにブレーカーが落ちる」といった出煙硝は分電盤交換のサインです。一般的に分電盤の交換の目安は13年といわれています。分電盤を設置してから13年以上経過しているというご家庭は、交換を検討することをおすすめします。



■まとめ

普段から安心して暮らせるように「自宅のブレーカーが最近よく落ちるな」、「設置してから結構年数が経っているな」というご家庭の方は、専門業者に分電盤の点検をおすすめいたします。


分電盤やブレーカートラブルの方をはじめ、電気関係のちょっとしたお悩みやお困りのことがあれば、「和興電業株式会社」までお気軽にご相談ください。分電盤の点検・修理・交換はもちろん、契約アンペアの変更もお受けできます。

当社は「街の電気屋さん」として、千葉県白井市を拠点に地域密着で50年以上電気工事に携わっております。また東京電力優秀電気工事店認定を受けておりますので、電気工事のことなら安心して当社にお任せください。


<和興電業株式会社へのご相談・お問い合わせ先>

TEL.047-444-6422

http://wako-den.jp/contact